投稿

インバウンド

観戦チケットの申し込みも始まり2020年東京オリンピックもいよいよ目前に迫ってきたという感があります。

そのような中、訪日外国人、いわゆるインバウンドは年々コンスタントに増加しており本年4月の訪日外国人旅行者数は前年同月比0.9%増の293万人を記録、政府の試算では2020年には4,000万人、インバウンドでの消費額を8兆円と予想している状況です。

 

また、以前は団体ツアー客が中心でしたが昨今はリピーターとしての個人旅行も増加し行動範囲や選択するお店の自由度も増しています。

地方都市への波及も目立っています。そこで物販、飲食、サービス業などに従事される皆様はどのようなインバウド客の来店対策をとられていますか?当社では5年前より簡単に多言語告知ができるDPS-150というLEDメッセージボードをレンタル販売しておりますが、この広がりを受け昨今では都内、大阪のみならず九州、東北など地方の方からも問合せが増えております。

このDPS-150はお持ちのPCやスマホからサーバーにアクセスして頂き操作を行いますが、サーバー上には11ヶ国語で“○○語のメニューあります!”などの定型文や国旗のアニメ映像を多くアップしております。

また、グーグル翻訳(最近精度が上がっていると評判ですね)で翻訳した文言をコピーし放映できるという機能も備えておりコストを掛けずに簡単に多種類の言語を自由に放映できるシステムとなっております。さて、では既に使用されているお店ではどんな使い方をされ、どんな効果が出ているのでしょう?

 

ある居酒屋チェーン店様では今まで英語、中国語、韓国語での告知は出来ていましたが最近増えているタイからの訪日客を新たなターゲットと捉え、早速、グーグル翻訳でタイ語翻訳をかけお昼の時間帯に日本的な焼き魚定食や海鮮丼などの日本的なメニューを放映したところ、どこに入ろうか迷っている雰囲気のタイ人と思われる家族やグループの方などがDPS-150の前で立ち止まるケースが見受けられるようになり入店にも結びついたとのお話しをお聞きしました。このようにアセアン諸国まで広がっているインバウンド客向けにもとても簡単に多言語表示ができたと喜ばれています。皆様も興味を持たれましたら、

このURLをクリックしてみてください。
http://www.avix.co.jp/dps150/

 

Portfolio Items