選定にあたり時間帯によって料金が変わるカラオケ店様の告知として文字や数字での明快に訴求できることが重視されました。それに対し室内から外に向けたポールビジョンのデモ設置を実施、高さ2mの光る文字がスクロールして流れる訴求力が評価され導入となりました。ユニットを室内に自立で並べることで少ない工事コストで設置が可能であったことも導入決定要因のひとつです。