アビックス製品の薄型、軽量を活かし、壁面アンカーから吊り下げています。文字による表記は、山の手線をホームで待つ人に内容を読んで頂き、文字を活かして記憶に残しています。というのも、山の手線のホームで見ている人は、そのまま電車に乗ってしまうため、帰りに立ち寄ってもらう為に、敢えて文字列で、記憶に残しています。

IMG_0513