こんにちは!アビックス歴3年目のしんちゃんです。

過去、アビックスのfacebookページで一度登場しました。

 

■AVIX facebook 2016/12/22

クリスマスシーズンに一人で横浜みなとみらいに行ってみた

これは新入社員として入ったばかりの頃ですね~。

撮られるのは恥だが役立たずだったのを覚えています。

(そういえば、その年は似たようなタイトルのドラマが大ヒットでしたね!)

私のプロフィールはかなり誇張されているのですが、まあそれは良しとしましょう。。。

 

大型LEDビジョンの「コンテンツ」のお話

さて、今回は「映像コンテンツ」についてお話します!LEDビジョンを設置してから重要になってくるのはその後の「運営面」です。

明るく輝くLEDビジョンを設置しただけでは、「あ、なんか明るいな」という程度にしかならないですよね。

そこに意味を持たせてくれるのが「コンテンツ」です。

 

皆さんの中には、自社製品の紹介や会社の紹介など販促映像をバンバン放映するからコンテンツあるよという人もいるかもしれませんね。どんどん放映していきましょう!

 

でも、その映像、本当に見てもらえるコンテンツですか?

次のような側面から運営を考えていくと、あなたのビジョン運営もかわってくるかもしれませんよ。

 

念頭においておきたいことはこれです!

「自分が放映したいものとビジョンを見る人の思惑は一致しない」ということ。

テレビや新聞などがそうですね。テレビがすべて広告だけで構成されていたとすれば、よっぽどな広告マニア以外見ることはないですよね。スポーツやバラエティ、ニュースなど、視聴者が見たい番組コンテンツがあるのでその合間に流れてくる広告に意味が出てきます。最近だとYoutubeもそうですね。

 

地域お住まいの方に向けた街のオリジナルコンテンツ

ならば、屋外ビジョンでも同じことをしてみよう。

アビックスがおこなっている取り組みの一つにビジョンを有効活用するため、地域お住まいの方に向けた街のオリジナルコンテンツがあります。近隣のお店やイベント、街の情報を配信したり、地元住民に参加するコンテンツを放映することで、お店のビジョンから街のビジョンに変えてしまおうという取り組みです。地元の名物店主や地元の人も改めて気づく街の情報などを配信したり、ペット写真コンテストを開催して、大画面で自慢してみたり・・・。自分に関心のあるコンテンツは皆さん見てしまうんです。そうすることで、LEDビジョンへの注目度が高まってお店に来店されるきっかけを創出できますよ。

 

とはいえ、本業の時間とは別にコンテンツをたくさん作るだけの時間の確保は、なかなか難しいですよね。

アビックスならLEDビジョンの設置施工から運営までワンストップで対応しています。

LEDビジョンを設置する際は、「映像コンテンツ」のことも頭の片隅にいれておいてくださいね。